出退勤を管理する

PCの基盤

勤怠管理とは、出勤時間から退職時間までを管理することで、その日の労働時間や残業時間、月の労働時間や残業時間を管理するシステムです。今まではエクセルによる管理が一般的でしたが、技術進歩によりクラウドで勤怠管理をできるようになりました。 クラウドでの導入は簡単でパソコンに接続する場合はそのパソコンのOSが対応しているものがどうかを確かめる必要があります。キングオブタイムではWindowsのOSに対応しており、どのOS、32bitや64bitにも対応しております。Internet Explorer8以上で動作しますので安心して利用することができます。64bitでも32bit版のInternet Explorerを使用することで利用できます。

勤怠管理をクラウドにすることで、今までエクセルにマクロを設定してなどの面倒なプログラムを組む必要がなく日付も書きなおさなくても良くなるというのが利点です。また勤怠管理をクラウド化にすることで出退勤時の入力に誤りがなくなり、管理する方としても簡単に済むことができるのでコスト削減や業務の効率化を図ることができます。 タイムレコーダー端末の価格もほどんどが10万円以下とお手頃価格になっています。パソコンに接続ることで利用できるものが多く、物によってはAndroidで起動できるアプリがあります。無線LANルーターがあるのであればAndroidアプリを利用することで簡単にタイムレコーダーを使用することが可能です。