管理は大切

キーボードを操作する手

各企業において、スケジュール管理がシステムされているところは多いと思われる。特に拠点が全国におよび、部署や所属課員が多い会社では特にその傾向が強いと思われる。 企業ではポータルサイトがあり、ワークフローやグループウェアにてスケジュール管理されているところが多い。ワークフローやグループウェアからだと、他部署や他拠点だけでなく、グループ会社の担当者のスケジュールまで簡単に把握できるため、様々なプロジェクトが並行で行われている企業などでは欠かせないものではないか。 ちなみにこうしたスケジュール管理についてはフリーソフトは存在しているが、拠点が全国にあり、グループ企業も多く存在する企業では、大規模なグループウェア制作が必要となり、多額の費用が発生すると考えられる。

各企業はグループウェアやワークフローの制作をシステム開発業者へ委託する場合や自社のシステム部門が担当する場合がある。大規模の企業で自社のシステム部門が制作、管理を担当する場合も多いと思われるが、開発業者へ委託する場合も少なくない。 以前のホストコンピュータ時代からオープン化が進んでいる今日では開発費用は以前ほどではないといわれている。しかし、グループウェアについても、スケジュール管理以外の機能、たとえば購買管理機能や勤怠管理機能などを追加した場合にはもちろん高額になるケースがある。 スケジュール管理はグループウェアの一部の機能と位置づけられることが多いが、これにより、プロジェクトの進捗管理などの効率化がされていることも事実である。